2010年04月23日

飲食店にガソリンまき放火 容疑の男ら逮捕(産経新聞)

 東京都大田区の飲食店にガソリンをまいて火をつけたとして、警視庁捜査1課は20日、非現住建造物等放火の疑いで茨城県石岡市柿岡、無職、上田健二受刑者(28)=別の罪で服役中=と同県笠間市平町、職業不詳、田川正貴容疑者(32)を逮捕した。

 同課によると、上田容疑者は容疑を認め「(田川容疑者に)頼まれて断れなかった」と供述、田川容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認している。

 同課の調べでは、2人は昨年9月22日午前6時半ごろ、同区蒲田の複合ビル地下1階にあるフィリピンパブ店内にガソリンをまいて放火し、約240平方メートルを焼失させた疑いが持たれている。

 同課によると事件当時、同店は営業時間外で人はおらず、けが人はなかった。防犯カメラの画像から2人が浮上。同課では動機など詳しい事情を聴いている。

【関連記事】
風俗店「じゃじゃ馬」放火 解雇された元従業員逮捕
放火の疑いで捜査 外部から火を点けた形跡 足立区アパート火災
寝屋川の放火未遂 介護士を殺人容疑で再逮捕
白昼の銀行で放火 男逮捕、山形
夫に火を付けられ入院中の妻、死亡 茨城・美浦
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<朝倉市長選>前県議の森田氏が初当選 福岡(毎日新聞)
<空自>スクランブル299回 09年度(毎日新聞)
小田急線、新宿―小田原間で運転見合わせ(読売新聞)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
駐車場「優先席」362カ所 高齢者、妊婦ら対象(産経新聞)
posted by カミジヨウ キヨハル at 17:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

桜を見る会 足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相主催の「桜を見る会」が17日、東京都内の新宿御苑で開かれ、足元に雪が残り小雨が降るなか、著名人ら約1万人が遅咲きの八重桜など約1300本を楽しんだ。首相は「人生には『晴天の友』と『雨天の友』がいる。晴れた時に人は集まるが、いったん雨が降ると一人去り二人去り消えてしまう。皆さんは鳩山政権の雨天の友です」とあいさつ。支持率低迷に苦しむ首相が、あいにくの天候にひっかけて心境を語った。

 政権の最大の課題となった米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題は一般招待客も関心があるようで、首相に「必ず(決着期限の)5月を乗り越えましょう」「(移設先候補に挙がる)徳之島から来ました。問題の」といった声をかける招待客が相次ぎ、首相も笑顔で応じていた。【倉田陶子】

【関連ニュース】
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
水俣病:鳩山首相「改めておわび」 救済策の閣議決定で
仙谷担当相:衆参同日選の可能性言及 鳩山首相退陣の場合
鳩山首相:普天間、献金で不用意発言連発 後援者懇談で
21世紀臨調:鳩山首相に提言提出 政権機能の二元化批判

4%成長で所得5割増=「手当より仕事」明記−自民公約原案(時事通信)
水俣病救済方針を閣議決定=未認定患者3万人超対象−全面解決目指す(時事通信)
サンド伊達のブログ・ジンクス この芸人出すとコメント減る…
抗うつ薬サインバルタを新発売―塩野義とリリー(医療介護CBニュース)
幹事長に園田氏=参院選候補の擁立急ぐ−「たちあがれ日本」(時事通信)
posted by カミジヨウ キヨハル at 05:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

ペット葬儀、トラブル多発「法規制必要」(産経新聞)

 ペットブームが盛り上がるとともに、ペットの葬儀をめぐるトラブルが後を絶たない。供養せずにゴミとして処理したり、高額請求をしたり。“家族の一員”として供養したいという愛情につけ込んだ悪質な手口もみられ、同業者からは「業者の登録制度などの法整備を進めるべきだ」との声が上がっている。

 国民生活センターによると、ペットの葬儀トラブルが目立ち始めたのは4、5年前。「愛犬が死亡し、葬儀会社に依頼したが、火葬の現場も見ておらず、本当に自分の犬の遺骨か分からない」(首都圏、60代女性)「火葬中に当初の5倍の金額を請求され、『支払わなければ遺骨は返さない』と脅された」(同、30代女性)などの相談が寄せられた。

 矢野経済研究所などによると、ペット業界の平成20年度の総市場は約1兆1400億円で、うち葬儀関連は250億円を超える見通し。全国には1200社ほどの業者が乱立し、増加傾向にあるという。

 ペットの出張火葬を行う業界団体「日本ペット訪問火葬協会」(東京都世田谷区)の藤本政光理事長によると、ペットの葬儀は住宅事情の変化などにより需要が拡大。自治体に依頼すれば廃棄物として処理され、埋葬しようにも庭がないなどのケースが増え、「家族の一員として供養してほしい」と考える飼い主が増えた。

 火葬にかかる費用は体重によって1万〜6万円が相場。供養塔などに共同埋葬する場合はさらに1万5千円前後がかかる場合が多い。火葬業者などは、悪質業者を排除しようと4つの業界団体を設立し、高額請求などのトラブルは減少傾向にあるが、埼玉の事件のような“コスト削減”を狙った不正は後を絶たない。

 一昨年9月には兵庫県宝塚市の「宝塚動物霊園」で共同墓地のスペースが足りず、埋葬料5千円をとりながら、火葬したペットの骨の一部を土嚢(どのう)袋に入れて放置していた問題も明らかになっている。

 こうした問題について、ペットビジネスコンサルティング業「JPR」(横浜市)は、「生きているペットを扱う業者は許可が必要だが、葬儀業者には必要なく、焼くだけなので参入しやすい」と指摘。これまでに参入してきた業者の中には「焼却炉や土地があり、ノウハウもある産業廃棄物処理業者が多い」と説明する。

 また、死んだペットを飼い主から集め、一度に火葬する合同葬では遺骨を返さずに霊園に埋葬する場合もあるため、「引き取っておきながら火葬せずにそのまま捨てることは可能だ」としている。

 藤本理事長は「ペットの遺棄などのトラブルは火葬場を持たない業者に多い。火葬設備の有無などを明確にするため、登録制度など、ある程度の法規制は必要だ」としている。

【関連記事】
業者が継続的に遺棄か 山中の犬100匹死骸遺棄 飯能
山中に犬100匹の死骸 大半はペットか
犬の遺体100匹捨てる? ペット葬儀業者を逮捕 埼玉県警
ペット葬儀トラブル増加 正しい業者の見極めを
「生焼けで返すぞ」悪徳ペット火葬業者トラブル急増!
「中国内陸部の資源事情とは…?」

未承認医療機器の使用実態調査を―薬害オンブズパースン会議(医療介護CBニュース)
沖縄密約「全面開示」 どよめく原告 「一種の革命」(産経新聞)
米NPRを歓迎 岡田外相、日本の安全保障「影響ない」(産経新聞)
4児死亡火災、火元は車内のライターと断定(読売新聞)
<旅>沖縄 芭蕉布の里 良い織物は畑づくりから 人間国宝・平良敏子さん(毎日新聞)
posted by カミジヨウ キヨハル at 15:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。