2010年06月03日

宮崎の種牛、49頭の殺処分終わる=優良5頭の無事祈る―東国原知事(時事通信)

 宮崎県は31日、県家畜改良事業団(高鍋町)の種牛49頭の殺処分を終えたと発表した。これで県内の種牛は特例的に避難させた優良種牛5頭のみとなった。東国原英夫知事は同日、「(優良5頭の無事を)神に祈る気持ちですよ。一日一日、戦々恐々としている」と語り、優良種牛5頭の感染回避に強い期待感を示した。
 49頭の種牛は、同事業団の別の肥育牛に感染疑いが確認されたことから5月15日に殺処分対象となったが、宮崎県は豚や別の牛の処分を優先。49頭を特例で生き残らせる道を模索していた。しかし、28日になってこのうち1頭に感染疑いが見つかり、国の処分要請を受け入れざるを得なくなった。
 一方、西都市に避難させている同事業団の優良種牛5頭には、今のところ異常は見られていない。県が6月4日まで検査を続け、感染がなければ国も生き残りを認める方針だ。 

【関連ニュース】
週内に殺処分終了を=農水相、宮崎知事に要請
農水相、2度目の宮崎入り=知事と会談へ、農家視察も
処分家畜の補償額決定へ=30日にも評価基準
優良種牛5頭、遺伝子検査を延長=さらに1週間は経過観察
宮崎県、種牛49頭殺処分へ=2頭で口蹄疫の症状

【中医協】診療側が次期改定に向けた検討課題を提案(医療介護CBニュース)
F22が嘉手納到着、朝鮮半島緊張で前倒し(読売新聞)
米国で iPad の予約受付開始、一日で 12 万台の注文を受ける
民主議員の事務所に刃物男=40分立てこもり現行犯逮捕―長崎県警(時事通信)
種牛主力級5頭は陰性、49頭は殺処分されず(読売新聞)
posted by カミジヨウ キヨハル at 19:32| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。