2010年03月27日

成田空港機内でガーナ人死亡 解剖も死因は不明(産経新聞)

 成田空港で22日、不法滞在で強制送還途中だったガーナ国籍の男性(45)が機内で暴れ、死亡する事故があり、成田国際空港暑は25日、司法解剖の結果、男性の死因は不明であると発表した。死亡につながる目立った外傷や病歴は確認されなかったという。

 同署の調べによると、男性は22日午後3時5分ごろ、出発直前の成田発カイロ行きエジプト航空965便の機内で暴れ、東京入国管理局の職員に取り押さえられたが、その際急にぐったりし、病院に搬送されたがまもなく死亡が確認されたという。現場には護送のため10人の職員が付き添っていた。

【関連記事】
強制送還のガーナ人死亡 機内で暴れ、入管職員が制止
比国人ニューハーフ3人、日本で結婚していた
指紋偽装し不法入国 容疑の韓国人女2人逮捕
「指は中国で手術した」 生体認証破った女が供述
生体認証破り入国 入管法違反容疑で中国人の女逮捕

普天間問題、未決着なら継続使用 米海兵隊司令官(産経新聞)
コンビニ労組が救済申し立て=セブンイレブンに団体交渉要求−岡山(時事通信)
日本人ツアー客食中毒?独で急きょ離陸中止(読売新聞)
<警察庁長官>DNA型の試料「面前で封印を」(毎日新聞)
遺体取り違え解剖、目印を確認せず…都監察医務院(読売新聞)
posted by カミジヨウ キヨハル at 16:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。